2011年10月07日

疲労回復と肥満

疲労回復と肥満の関係についてお話していきたいと思います。
疲れと体型は一見関係なさそうに見えて、かなり関係があるようです。

肥満の方は体が重くて運動しづらかったり、
心肺機能に負担がかかっているために息切れしやすかったりしますよね。

そして、肥満の方の血液は酸性化しやすく、
ドロドロになりがちだったり、
以前「疲労回復と体質」の記事で紹介した通り、
疲労物質の排出が遅れ、
疲れが溜まりやすいという状況に陥ります。

疲れやすいから、さらに運動しなくなる。
といった悪循環に陥る可能性もあります。

体型の変化は体内の変化を如実に表しています。
肥満は基本的には過剰摂取により
摂取カロリーが排出カロリーを超えた時に見られます。


酸性体質にならないよう、
弱アルカリ性体質を目指した食事をとったり、
栄養もとりつつ食事制限をしたりすれば、

自然と体内からきれいになり、
それに伴って体型も変化してくることでしょう。

健康な体作りを目指すなら
体の中からきれいにしていきましょう!


こんな商品も疲労回復に効果的!
http://229346.jp/
posted by 疲労回復 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年09月30日

疲労回復と運動

 疲労回復に運動が効果があるのは一見矛盾しているようですが、
今日は少しそのメカニズムを紹介していきたいと思います。

適度の運動をすることによって、
血液循環が良くなり、新陳代謝が促進されて
代謝バランスが保たれたり、
呼吸が活発になって、新鮮な酸素を体に取り入れることができます。
運動はストレス解消にも繋がるなんて言われたりしますよね。


適度な運動で筋肉から疲労をとる方法を「アクティブ・レスト」
といい、心身共にリラックスできるそうです。

筋肉に溜まった乳酸を除去するための軽い運動として
10程度のウォーキングやストレッチといった有酸素運動が挙げられます。

誰もが部活の後にクールダウンを自然とやっていたのではないでしょうか?

翌日に疲れを残さないためなんて言われて
なにも考えずにやってたものですが、
そこにはちゃんと理由があったんですね。

運動で得た疲労を運動で回復する
矛盾しているようですが、
よく考えれば理解できないことでもないです。

ただ、
学生時代は部活後にやればよかったものの、
社会人になってクールダウンする方なんて
いなくなってしまったのでは...?


1日の終わりにクールダウンすることで
疲労回復に繋がるかもしれませんね。


こんな商品も疲労回復に効果的!
http://229346.jp/
posted by 疲労回復 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

疲労回復とお風呂

 「疲労回復とアイテム」の記事や「疲労回復と睡眠」の記事で
お風呂と疲労回復の関係性について触れてきましたが、
今回は入浴による効果を紹介していきたいと思います。

 まず、有名なのが、
お風呂に入ることで得る水圧(鎮水圧)によって
心臓が活発になり
血行やリンパの流れが促進されるという効果です。
ただ、心臓に負荷を与えすぎるのもよくないので、
半身浴がおすすめです。


 次に、お風呂の水の温度が高めの42℃以上だと、
自律神経の一つである交感神経が働き、
心臓の鼓動が速くなったりして血圧も上がり、
新陳代謝が促進されるため
疲労物質や老廃物質が排出されやすくなり、
疲労回復が見込めます。

水の温度がぬるめの38℃~41℃くらいだと
自律神経の副交感神経が働いてリラックスできるので、
精神的な疲労回復が期待できます。


 入浴することで、
浮力効果が得られ、
リラックス効果があります。


お風呂に入るといった
一つの行動で様々な疲労回復効果が得られるのは
すばらしいですね。


こんな商品も疲労回復に効果的!
http://229346.jp/
posted by 疲労回復 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。